タッチセラピーの幸せ効果☆意識するだけで子育てが変わる!ママもハッピー♪

子育てや人間関係で悩んでいませんか?タッチセラピーは、そんな悩みを解決してくれる一つのカギです。

タッチセラピーは、子育てで用いられるベビーマッサージや医療の現場でも取り入れられています。難しいことは何もありません。意識するだけでも親子の絆を深めてハッピーになれますよ☆

タッチセラピーの幸せ効果と考え方を紹介します。

1、タッチセラピーってなに?

 

よしぇりん

こんにちは!2児の母、子育て奮闘中の自然派ナース、よしぇりん(@yoshe_rin)です!

私は、子供を寝かしつける時にタッチセラピーを意識しています。タッチセラピーをしていると、子供も自然に落ち着いてリラックスして眠りにつけます。母からの愛情を手を通してタッチセラピーで伝えるというイメージです☆

今回は、そんなタッチセラピーの効果をご紹介します。

 

タッチセラピーとは、触れること。触れるケアとも言われます。

触れることで、相手と自分自身が癒されることです。

よしぇりん
触れるだけで本当に癒されるの?と疑問に思うかもしれませんが、触れる効果って本当にすごいんですよ!

タッチセラピーは、医療の現場でも取り入れられています。私が触れることで癒される、タッチセラピーを意識するようになったのは看護学校に通っていた学生の頃からです。看護師として患者様と向き合う時に、触れることってとても大切なんです。

触れることで、私はあなたをしっかり見ていますよという気持ちや共感の気持ちが伝わります。触れられた相手は、自分を受け入れてくれていると感じ、安心できるのです。

「手当てする」という言葉は、「手を当てる」と書きますね。病気やけがの手当ても、手を当てて痛みを和らげ、癒すという意味合いがあるのです。手当ては、まさにタッチセラピーですね。

医療の現場を例に挙げましたが、これは日常生活の人間関係や親子関係でも同じことです。触れることで相手を、そして自分を癒し、お互いの絆を深めることができる、これがタッチセラピーです。

2、タッチセラピーの幸せ効果

では、具体的にタッチセラピーには、どんな効果があるのでしょうか。

触れることで幸せホルモンオキシトシンが分泌される。

オキシトシンというホルモンは、愛情ホルモン・結びつきのホルモンなどと言われています。オキシトシンは、産褥期の女性の体内で働く女性ホルモンとしての役割があります。例えば、子宮の収縮を促して陣痛を促進する、母乳分泌を促すといった働きです。でもオキシトシンの働きはそれだけではありません。

母子の絆や信頼、愛情といった感情面において、大きく関わりのあるホルモンです。

オキシトシンの効果

・人と人を結びつける効果
・信頼を高める効果
・愛情を深める効果
・安心感を生む効果
・心身ともにリラックスして、ストレスを軽減させる効果
・うつや不安の症状を緩和する効果

これらの効果で人は人として認められ、愛されそして愛し、自分が生きていくのに値するといった自己肯定感を高めることができます。これは、人が幸せに生きていくために重要なことです。

この自己肯定感を高める幸せホルモンオキシトシンは、触れること撫でることで分泌されるホルモンです。

幸せホルモンオキシトシンは、どんな時に分泌される?

・マッサージを受ける時(マッサージをする側も同じように分泌します。)
・好きな人と肌を合わせているとき
・副交感神経(リラックス神経)が優位な時。(入浴中や睡眠中などリラックスしているとき。)
・皮膚の振動が1/fの揺らぎとなって、脳に伝わった時 など

1/fの揺らぎというのは、皮膚を撫でることによって生じる振動です。その他に、波の音や鳥の鳴き声などの自然の音、ろうそくの炎の揺れや木漏れ日なども1/fの揺らぎです。1/fの揺らぎを五感で感じることで、自律神経が整い、精神が安定する効果があります。1/fの揺らぎの癒し効果を利用した音楽CDもありますので、リラックスしたいときなどに効くととても効果がありますよ。マッサージタイムのBGMにも最適です。

触れることによるこころの癒し

触れる、撫でるなどのタッチセラピーによる癒し効果、心の関係については以下の論文を参考にしました。一部引用します。

皮膚をなでることによって生じる振動には、1/fゆらぎの特徴をもつ振動が発生し、それが快の気分を生じさせる可能性について述べた。

また触れることによってオキシトシンという生理物質が脳内で分泌され、それが相手との親密な人間関係の構築に役立つことや、 癒しをもたらす実験について紹介した。さらに触れる際に重要な点は、ゆっくりした速度で手を動かして触れることと、弱い圧で触れることである点を指摘した。

この特徴をもつ触れ方によって、人は最大の癒しを得ることができ、快の感情が最大に高まると考えられる。

参考論文:身体接触によるこころの癒し:こころとからだの不思議な関係

不眠解消、成長ホルモンの分泌を促進

タッチセラピーには、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあります。成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるホルモンで脳や体の発達を促します。

就寝前に背中やお腹、頭などに手を当てて優しく撫でる、タッチセラピーを行うことで、安心感を得られ深い眠りにつくことができます。ぐっすりと眠ることで成長ホルモンの分泌が促進されます。

よしぇりん
まさに寝る子は育つですね。
ベビー
温かいママの手で、安心してぐっすり眠れる~~!

タッチセラピーは、不眠を解消する効果も期待できるのです。

就寝前にタッチセラピーの習慣をつけると良いですね。

3、子育てでタッチセラピーの実践!医療の現場でも

子育てでのタッチセラピー

幼い頃にたくさん触られ、愛情を肌でたっぷり感じていた子供は、将来にわたって情緒が安定します。攻撃性も低くなり、社会性が高まると言われています。

タッチセラピーは、心の栄養です!お母さんなどからたくさん触れてもらうことで、子供は愛情を肌で感じ、安心感や信頼感を得て自己肯定感が高まり、コミュニケーション能力も高まって、強い心が育つのですね。

赤ちゃんや子供への効果

・安心感を与える
・情緒が安定する
・豊かな感性、感覚を育む
・ストレスの緩和
・コミュニケーションが上達する。
・免疫力がアップする。
・睡眠を深め、夜泣きの減少
・脳の発育を促す
・皮膚を丈夫にする
・血液・リンパの流れを促進する など

タッチセラピーによる、お母さんへの効果

タッチセラピーは、子供だけではなくタッチをする側、お母さんにも良い効果があります。

お母さんの子供に対する母性愛が高まり、育児に自信がつきます。赤ちゃんや子供と向き合うことで、体調や気持ちがわかるようになって、心にゆとりが生まれます。心が満たされて、精神的な安定や充足感につながります。

タッチセラピーによって、お母さんの脳にも良い刺激となって、女性ホルモンを分泌させ、子宮の収縮が促され、産後の回復が早まります。タッチセラピーの癒し効果は、産後うつにも効果がありますよ。

将来にわたる親子の絆が深まる

親子で肌を触れあって、お互いに愛情を伝え合うことで、子供はお父さんやお母さんへの信頼感・安心感を強めるので、親子の絆が深まります。幼い時の親子の絆は、その後の良好な親子関係の基盤となります。

逆に幼い頃の親子の触れ合いが少なければ、良好な信頼関係を築くのが難しくなってしまいます。大きくなってから親子関係の歪を修復するのは難しいので、幼い頃から触れ合うことで親子の絆を深めましょう。

夫婦や大切な人と

タッチセラピーは、夫婦や大切な人と行うものおすすめですよ!

お互いの愛情と絆が深まります。自分が大切にされているという安心感と信頼感が生まれます。

特に、産後や子育て中は毎日の慌ただしいい日々の中で、お互いを大切に思う気持ちが薄れてしまうことがあります。お互いにぶつかり合って、すれ違ってしまうことも・・・。そんな忙しい日々の中でも、ちょっと時間を作ってタッチセラピー。ほんの10分程度で十分に効果がありますよ。大切な人との絆を深めることで、夫婦円満☆ママも家族みんなもハッピーになれますよ。

医療の現場では緩和ケアのひとつとしても

触れること、撫でることは、オキシトシンの分泌を促進して、痛みや不安を和らげることができます。この効果は、緩和ケアのひとつとして医療でも幅広く取り入れられています。

高齢者の認知症ケアもその一つで、認知症の症状である攻撃的な言動や徘徊などの問題行動を改善する効果もあります。

その他、ストレスの軽減、不眠改善、血圧を下げる効果もあります。タッチセラピーの癒し効果ってすごいですよね。

4、難しいことはいらない!タッチセラピーの考え方

子育てでのタッチセラピーと聞くと、ベビーマッサージを思い浮かべます。でも、子育てに家事に仕事、忙しい毎日で何かを新しく生活に取り入れることなんてできない((+_+))と思ってしまうかもしれませんね。

ベビーマッサージの効果は確かにすごい!これは、私も実証済みです。できることなら、時間を取ってベビーマッサージをしてあげたいです。ですが、仕事などをしていると毎日が忙しい。子供を早く寝かせなきゃと思うと、子供を裸にしてゆったりマッサージ♪なんてなかなかできません。

実際に私も育児休暇中の育児と家事に専念していた時は、ゆったりベビーマッサージを楽しんでいたのですが、仕事に復帰してからは、仕事から帰宅後は、夜ごはんを作って食べて、お風呂に入れて、歯磨きして、あっという間に就寝時間。

歯磨き一つにしても子供のイヤイヤなどで思うように進まず、何かにつけて時間がかかってしまうのが子育てです。絵本の好きな我が子のために、就寝前は必ず絵本の読み聞かせもしていたので、ベビーマッサージをする余裕がなく、なかなかできませんでした。

もっと簡単なタッチセラピー

よしぇりん
でも大丈夫です!タッチセラピーは、いつでもどこでももっと簡単にできるのです!

オイルを使ったベビーマッサージにこだわらなくてもいいんです。(余裕があるならオイルを使ったベビーマッサージは、本当に良いのでおすすめです。ベビーマッサージは、身体的な効果を高めてくれます。我が子もオイルマッサージ大好きですから。毎日は難しいけれど、これからもずっと続けていきたいと思っています。)

抱っこしてるとき、絵本を読んでいるとき、寝かせつけの時、日々の生活の中で子供に「大好きだよー!」という気持ちを込めて、言葉に出さなくても背中や胸、お腹などに手を当て、優しくゆったりと撫でる。これだけでも十分タッチセラピーの効果がありますよ(^_-)-☆

大切なことは、子供のありのままを受け入れること、子供への優しいまなざしと、愛情をこめて優しく触れるということ。これを意識して子供と触れ合うことで、子供の情緒も安定し、親子の絆が深まって良好な親子関係の基盤を築くことができます。

タッチセラピーの詳しい方法については、次の記事で書きますね。

まとめ

タッチセラピーは、医療の現場や子育てなど幅広く取り入れられています。タッチセラピーは、親子や大切な人との愛情や絆が深まり、人間関係を良好にして、触れた人触れられた人を癒し、幸せにする効果があります。

親子間でタッチセラピーをすることで、子供に安心感を与え、情緒が安定して、良好な親子関係を築くことができます。ママも子供もハッピーになれます。タッチセラピーは、心の栄養!子供とたっぷり触れ合って愛情を注ぐことで、より良い子育てができるようになります。

難しいことは何もありません。意識することは、子供のありのままを受け入れ、優しく見つめる、そして愛情をこめて優しく触れることです。これを意識するだけで子育ては、よりよく変化するでしょう。

タッチセラピーで、家族みんなでハッピーになりましょう(*^^*)

LINE@では、おむつなし育児情報を始めとする、子育てが楽しく♪ママも子供もハッピーになれる子育て情報を配信中です。

お友達登録、お待ちしています(*^^*)
↓↓↓
友だち追加