子育て中もおしゃれニットが着たい♡赤ちゃんを抱っこする、汚れ&肌問題!

秋~冬に大活躍のおしゃれニット。子育て中だと、赤ちゃんを抱っこするのでちょっと着るのをためらいます。その理由は、赤ちゃんへの肌への問題、そして洗いにくいニットの汚れ問題。

どうしたらおしゃれなニットを赤ちゃんがいても気にせずに着れるでしょうか?

2人の赤ちゃんを育ててきた私の経験と考え方、授乳中でも着やすいニットをご紹介☆

1、赤ちゃんを抱っこするので、ニット選びは素材を考えて

 

よしぇりん

こんにちは!2児の母、子育て奮闘中の看護師ママ、よしぇりん(@yoshe_rin)です!

ママになってもおしゃれがしたい!皆さんそう思いますよね。でも赤ちゃんを抱っこするので着るものにはいろいろと気を使いますね。今回は、秋~冬におしゃれに着たいニットについてのお話です。

 

ニットの素材

ニットには様々な素材がありますね。

・ウール(羊毛)
・カシミヤ羊
・綿(コットン)
・麻(リネン)
・シルク(絹)
・アクリル
・ポリエステル
・ナイロン

などが代表的な素材です。それぞれにメリットデメリットがありますが、赤ちゃんを抱っこするママにとって一番のポイントは、触り心地、赤ちゃんの肌に刺激にならないかどうかですね。

ウールは、ニットの代表的な素材で、とても温かくて良いのですが、私としては肌に直接あたるとチクチクしてかゆくなるので、赤ちゃんを抱っこするママには不向きだと思っています。アレルギーの原因にもなるそうです。

カシミアは、柔らかくて触り心地もなめらか。申し分ない素材ですが、デリケート素材なので、洗いずらいのが難点です。

アクリル・ポリエステル・ナイロンなどの化学繊維は、アレルギーを引き起こす原因になるので、できるだけ避けたい素材です。

肌に優しい綿素材で、できるだけオーガニックなものだと赤ちゃんを抱っこするママでも安心して着ることができます。

よしぇりん
あっ!網目の大きいものは、穴に赤ちゃんが指を入れて伸ばしてしまうのでできるだけやめた方がいいですよ~!この間、あまり着ていなかった網目の大きいニットを着たら、3歳の息子が早速指を入れてきたので、即着替えました~(笑)ストレスになるものは、避けましょう!

ニット素材の種類|天然素材は洋服選びのポイントになるのか?byタイコー

2、ニットの汚れ問題~洗濯はどうする?

まずは、ニットの洗濯絵表示を確認して!

ご自宅にあるニットは、家庭で洗濯が可能かどうか把握しておきましょう!上の表にあるように、洗濯機OK!手洗いOK!のマークがあれば自宅で洗濯が可能!ドライマークがあっても、表の左上の洗濯処理不可マークがなければ、自宅で洗える可能性があるそうです。

赤ちゃんがいると汚れはつきもの

赤ちゃんがいてもなるべく汚さないようにはできます。でも、完全に汚さないなんて、不可能に近い。これは、赤ちゃんがいなくても一緒ですが。着る=汚れは、つきものですね。

汚れてもいい!と思うことでストレスがなくなる

子育て中は汚れが付きものなのに、汚れを気にしていたらストレスになります。なので、私は基本「汚れてもいい!」と思える服しか基本的には来ませんでした。どうしてもおしゃれがしたい時には、汚れを覚悟して着ることですね。

汚れたら嫌だなと思ってきていると、汚れた時のショックが大きくて、ストレスになります。

なので私は、出産後は洗濯に気を遣うニットを着ることが激減!洗濯機で洗濯可能でも他のものと別洗いしなければいけないニットは、ちょっと面倒。

洗濯しやすくて、おしゃれな授乳服を選ぶようにしていましたよ。

ニットの洗濯はどうする?

上の表で紹介した洗濯絵表示に従うのが鉄則。でも、クリーニングはコストがかかる、手洗いは面倒、という理由でお気に入りのニットをずーっとしまっておくくらいならば、思い切って着て、傷み覚悟で洗濯機のドライコースで洗ってしまうこともあり!

ご自身が納得いく方法で、ニットと付き合っていきましょう!

普段使いのニット

私の場合は、普段使いにはできるだけ安価で気に入ったデザインのニットを購入。安価なものならワンシーズンで着倒すつもりで着ます。手洗いマークのニットなら、時間に余裕がある時には手洗い。でも、余裕がない時は、ニットの傷みも覚悟して洗濯機のドライコースで洗濯してしまいます。それでも今のところワンシーズンでダメになったニットはありません。たくさん着て、毛玉だらけになったニットはさようならしています。

ニットの洗濯には、デリケート衣類用の洗剤を使いましょう!代表的なものにはエマールがありますね。

上質素材のお気に入りのニット

超お気に入りで、これは絶対にダメにしたくないというニットもあります。大切なニットは、本当に特別な時に着て、少しの汚れなら部分的に手洗いして、何度か着た後にクリーニングに。又は、汚れたら即、クリーニングに出すようにしていますよ。

ウール・カシミアニットの洗い方と干し方byマイカジ

綿・麻ニットの洗い方byマイカジ

3、なるべく汚さないで着る方法もあります。

上の写真は、エイデンアンドアネイの「バーピービブ」。大きめのスタイのようなものです。普通のスタイって、赤ちゃんに着けてもクルクル回って、背中のマントになってしまったり・・・。あまりつけていても意味がないなと思うことがあります。

このバーピービブなら、完全に赤ちゃんのよだれや吐き戻しをガードしてくれます。

赤ちゃんを抱っこするときに、布を上にあげてママと赤ちゃんの顔をこの布で挟み込むようにすると、ママの服が直接汚れることがなくなります。赤ちゃんが動いてどうしてもずれてしまうという時には、ママに直接つけてしまうってこともありですね。

4、授乳中でも着やすい!赤ちゃんの肌にも優しいおしゃれニット♡


これ、おしゃれママにとってもおすすめなブランドです。

・おしゃれ
・産前産後兼用で永く使えて機能的
・オーガニックコットンで肌に優しい

他にもありますよ~(*^^)v

授乳服トップス


サイドにファスナーがついていて授乳しやすい。スヌード付きで、着回し力抜群ですね!自宅で洗濯可能です。

SWEET MOMMY 授乳機能付きトップス

SWEET MOMMY HOME

まとめ

すてきママの冬のおしゃれに欠かせないアイテムニット。赤ちゃんを抱っこするのでちょっと抵抗を感じるかもしれません。

実際に私もそうでした。「汚れが気になる」「洗濯が面倒」そんな方は、ニットを着ないという選択もありだと思います。私も出産後はニットを着る機会が激減していました。ニットを着なくてもおしゃれな授乳服もたくさんありますしね。

ポイントは、ママのおしゃれをしたい気持ちと洗濯の手間を天秤にかけること。

私の場合は、洗濯機で洗えたとしても他のものと一緒に洗えないのはちょっと面倒で・・・。他のものと一緒に洗える授乳服を着ていることが多かったですね。

一番は、ママの気持ち次第ですね!

あとは、赤ちゃんを抱っこして赤ちゃんの肌にも直接触れるので、ニットの素材選びも大切に☆

ご紹介した「SWEET MOMMYのエタニティセレクト」のニットは、オーガニックコットンで肌にも優しく、自宅で洗濯可能なのでとてもおすすめですよ。私も子供が赤ちゃんの頃にこの授乳服を知っていれば欲しかった!

赤ちゃんと一緒におしゃれで楽しい毎日を過ごして下さいね(^^♪

LINE@では、おむつなし育児情報を始めとする、子育てが楽しく♪ママも子供もハッピーになれる子育て情報を配信中です。

お友達登録、お待ちしています(*^^*)
↓↓↓
友だち追加