トイレトレーニング:1才でおむつが外れる秘訣 おむつ外し交流会2021.6.15

おむつ外し交流会を開催しました。

今回の交流会で感じた、

オムツ外しの秘訣は、

・子どものおむつを外す時間を作ること。

・子どもを見守り、子ども自身に任せること。

そして、

できるようになったトイレを怖がるようになった時、

再びできるようになるためのある秘訣が。

今回の記事では、

1才でトイレでできるようになるまでの秘訣

トイレを怖がった時、再びできるようになった秘訣

共有しますね。

今回の交流会は、私がオンラインで開催している、

サポート付きの
「1歳からのストレスフリーなオムツ外し講座」

を受講していただいたお母さまに

ご参加いただきました!

今回ご参加いただいたのは、1才と3才のお母さま。

明るく素敵なお二人でした。

お子様のトイレトレーニングにも前向きに取り組み、

がんばられていらっしゃいます(*^^*)

1才からのトイレトレーニング
1才でおむつが外れる秘訣

今回ご参加いただいた、さちこさん(仮名)

息子さんのおむつ外しを1才7ヶ月頃からはじめました。

そして、1才11ヶ月の現在は、

日中は、ほぼトレパンで過ごし、

尿意を教えてくれるので、

ほぼ100%トイレでできるようになったそうです。

おむつが外れるまでの経過

1,おむつを外す時間を作る。

⇒お漏らししても拭けばいいや~という
気持ちで過ごす。

2,トイレに座る練習

⇒はじめはトイレを怖がっていたので、
ウォシュレットの電源を切ることで
座れるようになった。

3,おむつを外している時間は、
自分で言ってくれるまで待ってみた。

⇒お漏らししたら、濡れて気持ちが悪いので
泣いて教えてくれる。

 

このような段階で、

子どもが自ら尿意を知らせ、
トイレでおしっこができるようになりました。

ちなみに、うんちは、まだオムツでしているとのことです。

 

これから、トイレトレーニングを始めるという方は、
こちらの記事を参考に進めて下さいね。
⇒「1歳からできるトイレトレーニング!1歳でおむつを外したトイトレのプロが進め方を教えます

一時、トイレを怖がるようになったが、再びできるようになった秘策

外出先で、尿意を訴えた息子くん。

でも、外出先のトイレに入ると泣き出してしまいました。

トイレが怖かったのかな?

自宅とは違うトイレに不安を感じたのかもしれませんね。

その後、自宅のトイレも怖がるように。

それまでは、

オムツを外した状態の時には、100%トイレでできていたのに・・・

息子くんがトイレを怖がるようになってからは、

エチケット袋を使って、排尿させていたそうです。

 

でも、あることをすると、またトイレでできるように!

 

その秘策とは、

 

「トイレでできていた時の動画を見せてみた」

 

旦那様は、単身赴任とのことで、

「トイレでできるようになったよ~」と、

報告のために動画を撮っていたそうです。

 

トイレを怖がるようになってしまった息子くんに

その時の息子くんがトイレに座っている動画をみせると、

「トイレでできる!」と思えたのか、

再びトイレに座ることができたそうです(*^^*)

 

ポイント:子どもがトイレに座れるようになったら、写真や動画を撮っておこう!

子どもがトイレを怖がったり、嫌がったりした時は、

楽しそうにトイレに座っている写真や動画見せて、

「○○ちゃん、楽しそうにトイレに座っているね~」と言ってみよう。

あとは、無理強いせずに子供がすわりたいと思うのを見守り、待つことも大切ですね。

 

まだまだ、参考になるお話などお聞きしましたが、

長くなるので、今回はここまでにします。

おわりに

オムツ外し(トイレトレーニング)の第一歩は、

やはり、

「おむつを外す時間をつくること」と、感じました。

ポイントは、

1,おむつを外す時間を作る。

2,トイレに座る練習

そして、おむつを外している時間は、

自分で言ってくれるまで待ってみることも大切ですね。

 

そして、トイレで座れた時には、

動画や写真をパシャリと、

1枚撮っておきましょう!

できるだけ、楽しそうなものを。

いざという時に役立つかもしれませんね(*^^*)

 

今後も、おむつ外し交流会開催予定^^

おむつ外し(トイレトレーニング)を頑張るママを応援しています!

楽しく交流できたら嬉しいです。

ご参加いただきました、お二人のおかあさま。

ありがとうございました。